もっと楽に呼吸を! / Breathe easier!

あ行

喘息百科事典 あ行

                         喘息百科事典トップへ戻る 

  • アイジーイー(IgE) immunoglobulin E

アレルギー反応が起こる際の抗体。ダニなどの抗原(アレルゲン)と結合し、アレルギー反応を起こす。喘息やアトピー性ひふ炎などで高値をとることが多い。1966年、石坂公成が発見。免疫グロブリンE。非特異的IgE抗体。

  • アスピリン喘息 aspirin-induced asthma

酸性の解熱鎮痛薬で生じる薬物誘発性喘息。喘息患者の約1割に見られる。中年の女性で、鼻茸を合併している患者に多く見られる。経口薬だけでなく、注射薬、貼付薬、坐薬、点眼薬などでも起こる。命に関わる発作を起こすので、厳重な注意が必要。

  • アレルギー allergy

人体に不利益をもたらす過剰な免疫反応。

  • アレルゲン allergen

アレルギー反応を引き起こす原因物質(抗原)。ダニや花粉、動物のフケなど。IgE(抗体)と結合して、さまざまな症状を引き起こす。

  • 運動誘発喘息 exercise-induced asthma

運動によって引き起こされる喘息発作。喘息のコントロールが不十分な場合に生じる。運動の前に気管支拡張薬を吸入すると予防できる場合もある。

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional